みりん屋|杉浦味醂株式会社

三河の地で、創業以来の伝統製法を受け継ぎ
「古代三河仕込愛桜純米みりん」を造り続けています。

【古式三河仕込】

愛桜純米本みりんは、大正十三年より三河(愛知県)みりんの名で全国の皆様に親しまれてきました醸造元のみりん蔵で造りました。

みりん造りに適した恵まれた気候風土、矢作川の水質、精選された国産もち米、麹米、近隣の酒蔵から出る酒粕を原料とし、昔ながらの製法で造りあげた長期熟成天然醸造の手造りの逸品です。

醸造という自然の摂理と人の経験技で、もち米、米こうじ、酒粕焼酎(米焼酎)のハーモニーを創造しあげました。

創業以来伝統の製法、レシピの再現で1年の歳月をかけ、元来の本みりんが、今蘇りました。

説明

さらにくわしく購入

「和味創造」私たちは、和を持ち味な心で「よりよい商品」「よりよいサービス」「よりよい信頼」を創造し、社会に必要とされる会社を目指します。

『中身の見える製品、顔の見える売り手』

平成15年に純米本みりんを復刻。

元来の三河みりんは粕取り焼酎をベースに仕込みを行うので、まず原料である粕取り焼酎の手配をどうするかが鍵でした。焼酎の製造免許を持ち得ない弊社として、原料として調達することにし、清酒を製造しなお且つ焼酎も製造しているところにサンプル依頼と原料購入をお願いした。2社ほど協力いただけるところがあり、そこから弊社の目指す香り豊かなみりんに合う焼酎を選びました。また、古式仕込で使用する搾り機が間に合うものが無く、手配するのに苦労しました。現在も進行中でありますが、作為的に温度を調整したり補助材で早譲したりせず、通常温度で自然の恩恵を受けて造り上げたい、中身の見える商品にしたいという思いで、当初3ヶ月のもろみ期間を6ヶ月に延ばして搾りました。雑味も含めた旨み、甘みが増加して弊社特有の濃厚なみりんに仕上がりました。

手間はかかりますが、それだけ味わい深いものになっています。

また、仕込みから3年経つものを「3年熟成みりん」と呼び、長期貯蔵熟成によりタンクの中で麹の酵素作用がゆっくりとうまみを増し上品なみりんに仕上げています。この3年熟成は、煮物や、タレを使う料理を始め、砂糖、蜂蜜代わりのスイーツなどのお菓子作りにも好評です。

今後も継続して地産地消にこだわり三河の原料で『三河みりん』を安定的に造っていきます。そのためには、地元農業関係者との交流を深くし、より安全で安心できる中身の見える製品造りを創造していきます。

また、使い方の提案として、既存の煮物などの料理のみならず、スイーツやドリンクの砂糖、シロップ代わりに、この穀物由来の天然甘味料を広げて行きたいと思います。日本の国酒でもある「みりん」をベースにした加工品を開発して、調味料の枠を越えた商品つくりをしていきます。

脇役から主役へのチャレンジ精神で更なるみりんの魅力を発信していきます。

【古式三河仕込】

愛桜純米本みりん

愛桜純米本みりんは、大正十三年より三河(愛知県)みりんの名で全国の皆様に親しまれてきました醸造元のみりん蔵で造りました。

みりん造りに適した恵まれた気候風土、矢作川の水質、精選された国産もち米、麹米、近隣の酒蔵から出る酒粕を原料とし、昔ながらの製法で造りあげた長期熟成天然醸造の手造りの逸品です。

醸造という自然の摂理と人の経験技で、もち米、米こうじ、酒粕焼酎(米焼酎)のハーモニーを創造しあげました。

創業以来伝統の製法、レシピの再現で1年の歳月をかけ、元来の本みりんが、今蘇りました。

さらにくわしく

購入する


「和味創造」

私たちは、和を持ち味な心で
「よりよい商品」
「よりよいサービス」
「よりよい信頼」
を創造し、社会に必要とされる会社を目指します。


『中身の見える製品、顔の見える売り手』

平成15年に純米本みりんを復刻。

元来の三河みりんは粕取り焼酎をベースに仕込みを行うので、まず原料である粕取り焼酎の手配をどうするかが鍵でした。焼酎の製造免許を持ち得ない弊社として、原料として調達することにし、清酒を製造しなお且つ焼酎も製造しているところにサンプル依頼と原料購入をお願いした。2社ほど協力いただけるところがあり、そこから弊社の目指す香り豊かなみりんに合う焼酎を選びました。また、古式仕込で使用する搾り機が間に合うものが無く、手配するのに苦労しました。現在も進行中でありますが、作為的に温度を調整したり補助材で早譲したりせず、通常温度で自然の恩恵を受けて造り上げたい、中身の見える商品にしたいという思いで、当初3ヶ月のもろみ期間を6ヶ月に延ばして搾りました。雑味も含めた旨み、甘みが増加して弊社特有の濃厚なみりんに仕上がりました。

手間はかかりますが、それだけ味わい深いものになっています。

また、仕込みから3年経つものを「3年熟成みりん」と呼び、長期貯蔵熟成によりタンクの中で麹の酵素作用がゆっくりとうまみを増し上品なみりんに仕上げています。この3年熟成は、煮物や、タレを使う料理を始め、砂糖、蜂蜜代わりのスイーツなどのお菓子作りにも好評です。

今後も継続して地産地消にこだわり三河の原料で『三河みりん』を安定的に造っていきます。そのためには、地元農業関係者との交流を深くし、より安全で安心できる中身の見える製品造りを創造していきます。

また、使い方の提案として、既存の煮物などの料理のみならず、スイーツやドリンクの砂糖、シロップ代わりに、この穀物由来の天然甘味料を広げて行きたいと思います。

日本の国酒でもある「みりん」をベースにした加工品を開発して、調味料の枠を越えた商品つくりをしていきます。

脇役から主役へのチャレンジ精神で更なるみりんの魅力を発信していきます。

みりん屋三代目 杉浦嘉信

ページ最上部へ戻る